スポンサード リンク

圧力鍋の比較とレシピ集 トップ圧力鍋の説明>圧力鍋の圧力表示「気圧」と「kPa」を換算する方法

スポンサード リンク


圧力鍋の圧力表示「気圧」と「kPa」を換算する方法

圧力鍋のスペックを表す際、圧力の単位として
「気圧」と「kPa(キロパスカル)」という2種類が使われます。

国内ブランドの圧力鍋では「気圧」が多く使われますし、
海外ブランドでは「kPa」が多いようです。

このふたつの関係は、

1気圧=101.325kPa
1kPa=0.00986923気圧

となります。
だから、圧力鍋の種類によって表示がまちまちでも、
計算すれば圧力を比較できます。

ただし、注意することがあります。

圧力鍋の圧力表示は、「気圧」と「kPa」では基準が違うのです。

圧力鍋の口コミ・レビュー・評判を楽天でチェック
グルメ・料理ブログランキングへ



「気圧」で表される場合、通常は
鍋の中に実際にかかる圧力を表示しています。

鍋の中には普通に空気があります。
だから、加圧する前の段階では、圧力は「1気圧」です。

加圧することによって、圧力鍋内部の圧力が上昇します。
例えばワンダーシェフ マクサスなら、最高で2.42気圧もの高圧になります。

これは、はじめの「1気圧」から
加圧によって「1.42気圧」だけ上がった、ということなのです。
つまり「1気圧」+「1.42気圧」=「2.42気圧」。
これが、マクサスの商品説明で書かれてれる
「2.42気圧」という表示の意味です。

ところが、ワンダーシェフ マクサスの仕様には

「作動圧力:高圧(日本最高クラスの圧力)144kPa」

とも書かれてあります。

この「144kPa」というのは、上記で言う「1.42気圧」に当たります。
つまり、「kPa」という単位を使うときは通常、
はじめの「1気圧」分を足さずに、
単に上昇した分だけ圧力表示するのです。


(このように、はじめの「1気圧」分を除いた圧力を
「ゲージ圧」と言います)

ややこしいですね…。

まとめると、圧力鍋の圧力表示では通常、次のように単位を換算します。
例えばマクサスだと、

(「気圧」から「kPa」に換算するとき)
2.42気圧−1気圧=1.42気圧
1.42気圧×101.325≒144kPa

(「kPa」から「気圧」に換算するとき)
144kPa×0.00986923≒1.42気圧
1.42気圧+1気圧=2.42気圧

圧力鍋の売れ筋人気ランキングを楽天でチェック
グルメ・料理ブログランキングへ

スポンサード リンク


2011年01月18日 │ 圧力鍋の説明 
人気ブログランキングへ


RSSフィード

ウェブ検索
記事検索
このサイトについて
●このサイトについて

管理人HN:ふとし
当サイトはリンクフリーです。
お問い合わせ、ご感想などは
下記メールフォームより
お願い致します。

●相互リンクについて

相互リンクを募集中です。
下記メールフォームより
ご連絡ください。

メールフォーム

●免責事項
当サイトの記事・画像等のコンテンツは、個人で楽しむ目的で運営しております。当サイトにおける引用文の著作権は引用元にあります。引用元記事やリンク先のサイトの閲覧・ご利用は、ご自身の責任でお願い致します。なお、サイト内の広告リンクはアフィリエイトプログラムを使用しております。万が一不適切な記事・リンク等がありましたら、早急に対処致しますのでお手数ですが上記メールにて管理人までご連絡いただけますようお願い申し上げます。


婚活